2019年 5月 25日 (土)

<オスカル!はなきんリサーチ>(テレビ朝日系)
ニコル、本田望結、剛力彩芽・・・ちょっと天然な「焼き芋女子会」こっちも一緒に食べてるような温度感ここちいい

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   世代を超えた深夜の女子会というキャッチコピーが、ぴったり合っている。メインMCを、剛力彩芽、藤田ニコル、本田望結という「MCっぽくない」3人が担当する。

   当然、わかりやすい仕切りはなし、チャキチャキした裏回しもなし。基本的に、ナレーションと専門家が、来そうな「次の商品」を紹介し、スタジオの3人+ゲストは、商品を試しながら、くっちゃべるのみ。でも、この絶妙なゆるさが心地よい。

おいしいと眉が「ハ」の字に

   今回のテーマは、「藤田ニコルが知りたい美味しい焼き芋」。専門家が紹介する焼き芋を、剛力、ニコル、本田と井森美幸が食べては批評し、を繰り返す。それぞれのコメント力はというと・・・。ぱっきりした山吹色が目立つ「ハロウィンスイート」を口に含んだニコルは、目を丸くして「ほぼお芋なんだけど、どこかににんじんっぽさがある」。バラエティ慣れしているだけあって的確だ。見た目と味が一致しないから、不思議なかんじがするわけね。

   続く本田は同じ芋を含んだ瞬間、眉をハの字にして「ねちょってしてる」。思わず井森が「望結ちゃん!」ととがめるほどの正直さ。芸達者なイメージがある本田らしからぬ姿が可愛らしい。

   紹介された芋は、ハロウィンスイートだけでなく、安納芋、ほくほく系の五郎島金時、エキナカ店舗でおなじみのらぽっぽの冷やし焼き芋、銀座のつぼやきいも(紅はるか)、品川の個人店の秘伝の超密焼き芋と、30分番組とは思えないほどの品数の多さ。これが「マツコの知らない世界」(TBS系)なら、3種類くらいで30分もつが、このメンツでは、どんどん食べてどんどん感想を垂れ流すのが正解だとすぐにわかる。

休みの前の晩のまったり気分

   そのコメント力としては、藤田>井森>剛力>本田だが、素のままのリアクションという点では、本田が良い。みんなで食べて、自由におしゃべりするので、タレントの素の良さがにじんでくる。そのまったり感が、これから土曜日という気の大きくなる時間にぴったりだ。

   まあ、芋の品種や焼き方の違いこそあったが、「どれも焼き芋じゃん」という変化球のなさも良かった。ちゃんと美味しいものを、ちゃんとみんなで楽しむ。この温度感、好きだなあ。(金曜深夜1時20分)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中