2020年 11月 28日 (土)

出国税1000円スタート しかし、キャンセル払い戻しに手数料4000円ってあり!?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   国際観光旅客税、通称「出国税」が7日(2019年1月)から導入された。国籍に関わらず、日本から出国する2歳以上の人に1000円が課税され、運賃に上乗せされる。

   2019年度は約500億円の税収が見込まれており、無料Wi-Fiや空港の顔認証システム、観光情報の提供など訪日客の受け入れ態勢の整備に使われる予定だ。

キャンセル時の対応は航空会社でバラバラ

tv_20190108115438.jpg

   ではもし、チケットをキャンセルしたら? 出国しない場合は課税されないが、1000円が戻ってくるかどうかは「航空会社しだい」だそうだ。

   番組が各航空会社に問い合わせると、日本航空や全日空は、出国税を手数料なしで全額返金するが、LCCの場合は注意が必要だ。払い戻しの手数料が1000円を大幅に上回ってしまう。例えば、Vanilla Airの場合は手数料4000円、peachは3240円も手数料を取られる。

   青木理(ジャーナリスト)「災害時の整備などに使うなら、出国税はありかな、と。でも手数料4000円は納得しがたいところがあります」

   菅野朋子(弁護士)「航空会社で対応が違うというのは問題。出国税は本来であれば感染症などに使われるものです。使い道も含めて、明確にしていかないと。導入が早すぎました」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「税金全般に言えることですが、問題は、出国税が航空券の中に含まれてしまい、『見えない』こと。消費税の場合は『見える』ため、上がると嫌がられる。源泉徴収もやめて、税金はすべからく見えるようにするべきです」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中