2020年 11月 29日 (日)

<ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~>(NHK総合)
劣悪な医療現場で奮闘する「神の手」医師!心打たれた濱田岳の熱さ

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   眼科医の羽鳥志郎(濱田岳)が病院勤めを辞めてボランティアでベトナムに赴き、現地で奮闘する姿を描いたヒューマンドラマである。内視鏡を使った網膜手術で「神の手」と言われる服部匡志がモデルで、1年の半分を日本で眼科医として働き、半分をベトナムで無償医療を続けている。

   羽鳥を突き動かしているのは、亡き父の「人は人を助けるようにできている」という言葉で、現地の医療環境の悪さや医師との意思疎通に悪戦苦闘し、反対していた妻の結衣(国仲涼子)や母(キムラ緑子)もだんだんと理解を示してくれるようになり・・・と、こういうドラマにはよくある展開ではあるが、ベトナムの風景や人々、眼科医療の現状がていねいに描かれるので説得力を持つ。

   海外のボランティア医師を受け入れる現地の医師たちの本音は興味深かった。羽鳥の手術を見て「人体実験だ」と糾弾する。手術経験を増やす練習の場としてやってくる外国人医師もいて、ベトナムの医師たちは見下されているという感情を抱いている。そんなつもりでやったのではないと必死に説明する濱田の演技は心打つものだった。

字幕が関西弁とは楽しい

   ベトナムの俳優陣も新鮮で、たいそうイケメンなサン医師(ビン・アン)や日本語が話せるティエン看護師(レ・チ・ナ)ら、みな柔和な雰囲気をうまく演じていた。古都フエの観光スポットや町の様子がチラチラ出てくるのもお約束だけどいい感じ。日本語、ベトナム語、英語が飛び交う中、字幕が関西弁なのが楽しい。

   ベトナムの眼科医療の現状、羽鳥の自己犠牲で成り立つ無償医療など問題は解決していないのだが、こういう医師がいて今も頑張っていることを紹介するだけでもこのドラマの意義はあるし、見た後とても爽やかな気持ちになれた。(1月12日よる9時)

   かたくりこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中