2019年 8月 22日 (木)

1年半もかけて話し合った嵐の活動休止 加藤浩次も「決断は正しい。なかなかできない」と大絶賛

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   人気アイドル・グループ「嵐」の5人が昨日(27日)夜緊急会見をして、「2020年いっぱいで、グループ活動を休止する」と発表した。驚いたことに、1年半もかけた話し合いの結果で、「最後まで笑っていよう」が合言葉。改めて、「嵐」の絆の強さが浮かび上がった。

大野「何にも縛られない自由な生活をしたい」が始まり

tv_20190128114324.jpg

   リーダーの大野智さん(38)が、決定までの経緯を語った。そもそもは大野さんの意向だった。2017年6月、メンバーに集まってもらって伝えた。

   「いったんグループの活動を終えたい。何にも縛られない自由に生活してみたい。何をすると決まっているわけではないが、この世界を離れて、普通の生活がしたい」

   4人は驚いた。それぞれが語った。

   二宮和也さん(35)「衝撃でした。5人でないと嵐でない。でも、リーダーの思いを尊重した」

   櫻井翔さん(37)さん「相談というより、決まっているなと思った。1人の人生を縛ることはできないし、時間をかけても全員が納得できるよう着地させないと、と思った」

   松本潤さん(35)「メンバーがいい形のうちに、グループをしめることを考えたこともあったので、驚かなかった。2020年の区切りはベストじゃないかと思う」

   相葉雅紀さん(36)「ひっくり返った。どうにか続けられないかと話し合った。同じ方向を向いていないのを付き合わせるのは違うなと、最後は納得した」

   その後、グループは何度も話し合い、大野さんはメンバーと個別にも話を続け、昨年(2018年)2月に所属事務所に伝えた。そこでさらに4か月話し合い、決断したのは昨年6月だったという。

   「嵐」は1999年、ハワイのクルーザーの上から華々しくデビューした。これまでにシングル56枚を出し、うち52枚が1位。紅白には10年連続出場。昨年12月の東京ドーム公演で、2020年までの全50公演、237万5000人動員計画を発表。「5×20(ファイブ・バイ・トゥエンティ)」と名付けられた。その上での「活動休止」宣言だった。

「1人欠けても嵐ではない」「最後まで笑っていよう」

   大野さんは、「正直、申し訳ない気持ちが強いですが、『1人欠けても嵐ではない』『最後まで笑っていよう』と言われた時は、なんて人たちだろう、嵐でよかったと、言葉にならなかった」という。

   2020年12月31日以降、活動を完全に停止するのは大野さんだけだが、「ビジュアルや体型は維持していこうと思う。1人だけ老け込むのは怖いので」と笑った。

   キャスターの加藤浩次「5人の決断は正しいと思った。が、なかなかできないことだ」

   芸能リポーターの井上公造「(大野さんの)アイドルしか知らない、一から勉強したいというのは理解できる。5人の仲の良さ、絆の強さを感じた。これから2年間モチベーション保てるのも、5人だから。すごい仕掛け」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「これ以上ない会見。人気の秘密を見た思いがする。一つ一つが見出しになる。最高の時に決断を下した大野くんに幸あれ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中