2019年 10月 16日 (水)

心愛さん事件で母親を「共犯」で逮捕 警察の狙いには母親の自殺予防もあるのか?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   千葉・野田市で起こった栗原心愛(みあ)さん(10)死亡事件。傷害容疑で逮捕された父親の勇一郎容疑者(41)による虐待の疑いが濃厚だが、警察は昨日(4日)新たに母親なぎさ容疑者(31)も「共犯容疑」で逮捕した。夫から家庭内暴力(DV)被害を受けていたとも言われるのになぜ?

職場では温厚で人当たりも良かった父親

tv_20190205120632.jpg

   先月24日、心愛さんは父親に冷水を浴びせられるなどした末に死亡し、体には虐待のあざが多数あった。母親はこの時自宅にいた。警察はこれを虐待の共犯と解釈したとみられるが、供述内容は明らかにしていない。

   事件の発端は2017年11月、心愛さんが学校のアンケートに「お父さんから暴力を受けている」と書いたこと。柏児童相談所が1か月半保護したのち、自宅に戻されたが、その際、野田市教委が父親の威圧に恐れをなし、アンケート内容を渡してしまった。

   児相も心愛さんの聞き取りから、「お母さんが味方してくれる」「お母さんもやられていた」などとDVの証言を得ていながら、その後家庭訪問などしておらず、危機意識がなかったことを認めた。今年に入って長期欠席の届けを受けた学校も、「危険」のサインとは思わなかった。

   栗原一家は、2017年8月まで沖縄・糸満市にいたが、この時すでにDVは知られており、親族から糸満市役所に届けも出ていた。しかし、今日(5日)発売の週刊女性によると、勇一郎容疑者は職場では、温厚で人当たりも良く、粗暴な様はなかったという。

   同級生の話では、心愛さんは母親の話はあまりせず、赤ちゃんがいるためインタホンを鳴らすのを禁止されているとか、鍵がなくて家に入れないなどと言っていた。母親は心愛さんに十分な食事を与えていなかった疑いもある。

DV被害の女性は「抵抗しないこと」を学習する

   心理カウンセラーの山脇由貴子さんは、「DV被害を長く受けた女性は、学習性無力感を抱く。抵抗すると殴られる、逃げても殴られる。じっと動かず耐えていることが一番被害は少ないと学習する」という。

   母親は事件当日も自宅におり、警察は、夫の暴行を見過ごしたことを「能動的不作為」に当たると判断。同時に、自殺を防ぐ意味もあるとみられる。

   MCの国分太一「能動的不作為?」

   高橋知典弁護士「無視することによって加担していたということ。赤ちゃんを抱いて別の部屋へ行くだけで、結果的に夫の暴力を助けている」

   国分「DVを受けていても共犯?」

   高橋氏「子供を守れるのは、母親だけですから、責任はなくならない」

   児童相談所全国共通ダイヤルというのがある。「189=いち早く」

   高橋氏は「虐待かもと思ったら、まず連絡する。あとは児相がやります」

   今回も、近所の人は子供の異常な泣き声を聞いていた。このナンバーを知ってすぐに連絡しよう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中