2020年 11月 29日 (日)

事前に電話でカネがあるか聞いたあげく強盗に押し入る「アポ電」強殺 卑劣過ぎる手口

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「事前に資産をたずねるアポ電がありました」と司会の羽鳥慎一が東京都江東区のマンションで先月(2019年2月)28日に起きた強盗殺人事件を取り上げた。一人暮らしの加藤邦子さん(80)が粘着テープで口と手足を縛られ窒息死し、電話のコードが切断されていた。加藤さんは2月中旬「お金があるかと聞く電話があった」と知人に話していたという。

犯人は警察や国税、自治体職員を装って保管場所を聞き出す

   こうした不審な電話が「アポ電(アポイントメント電話)」で、「警察官や国税調査員、自治体職員、親族などを装って資産や保管場所を聞き出します」(宇賀なつみアナ)という。振り込め詐欺・特殊詐欺なら「受け子」とよばれる受けとり役を送ってだましとるが、アポ電強盗は自分たちで押し入る手荒な犯行だ。黒いフードをかぶった3人組がマンション出入り口の防犯カメラに写っていた。渋谷区でも1月と2月に似たようなアポ電強盗があった。

tv_20190304104505.jpg

   石原良純(タレント)「電話に、つい受け答えしてしまうんですね」

   山口真由(米ニューヨーク州弁護士)「振り込め詐欺には口座凍結や現金受け渡しのリスクがあるので、強盗になったのかもしれません」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「もともと強盗をやる人間が振り込め詐欺もやっているのではないか」

   羽鳥「その境界がなくなってきているのかもしれません」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中