2020年 11月 28日 (土)

「王子様」と名づけられた高校生の改名騒ぎ 名前を変えるのになぜ裁判所の許可が必要?

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   「王子様」と名づけられた高校3年の男子が5日(2019年3月)、家庭裁判所に改名を認められ、話題になっている。キラキラネームはやりの中で「唯一無二の存在だから」と母親がつけた名前だが、本人は「自己紹介したら噴き出された」「宛名が『王子様様』とくる」「本名か聞き返された」などと悩まされてきたそうだ。

   中学3年から改名したいと思い始め、大学生になるタイミングで裁判所に許可申立書を提出、1カ月ほどで「肇」と改名できた。15歳以上になれば、自分で申し立てられる。

母親が元カレの名をつけて家庭争議の時も認められる

   司会の羽鳥慎一「どういうときに認められるのですかねえ」

tv_20190312112807.jpg

   改名できるのは、奇妙な名前や、難しい書き方で正しく読まれない、同姓同名がいる、異性や外国人とまぎらわしい場合などという。

   菅野朋子(弁護士)「犯罪やいじめ、社会的混乱を防ぐための正当な理由があれば認められます。親が昔の恋人の名前をつけて家庭争議になるケースもあります。角栄がいやだという田中さんもいます」

   青木理(ジャーナリスト)「今回の話題で驚いたのは裁判所が許可することだ。お上に許してもらうことではない。名前まで許可がいるとは、なんだそれはと思う」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「名前は原則、自分で変えられることにすればいい。自分のアイデンティティだ」

   羽鳥「昔より奇抜な、むずかしい名前が増えている現状があります」

   キラキラネームも、なんでもいいというものではない。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中