2019年 10月 16日 (水)

カマンベールチーズを丸ごと「アヒージョ」に! 10分でできて絶品フォンデュが楽しめる

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   舞台出演のため、福岡・博多座にいる博多華丸キャスターのピンチヒッターとして、きょう8日(2019年4月)からの1週間は藤井隆がキャスターを務める。

   「もっと手軽においしく!チーズ活用法」特集ということで、千葉美乃梨アナが「カマンベールチーズ、そのまま食べるしかないと思っている人が多いと思いますが、たった10分でレストランの味に早変わりしちゃうんです」と切り出した。

外皮が固いので加熱する料理にぴったり

   東京・青山のチーズ料理専門店の中山友基店長が教えたのは「カマンベールチーズのアヒージョ」だ。「(カマンベールチーズは)加熱してもそのまま形を保ってくれる。外皮が固くて中がとろとろと柔らかくなる特徴があります」(中山さん)ということで、アヒージョにぴったりなのだという。

   まずはカマンベールチーズ(100グラム)に、深さ半分程度まで米の字に隠し包丁を入れる。切る直前まで冷蔵庫で冷やしておくと、チーズが包丁にくっつきにくく切りやすい。

   スキレットにオリーブオイル(100ミリリットル)、塩コショウ(少々)にんにく(みじん切り、5グラム)を入れて中火で加熱し、泡が立ってきたら弱火にする。カマンベールチーズを、包丁を入れた面を上にして丸ごと投入したら、すぐにスプーンなどでオイルを上からかけながら中まで火を通す。

   チーズの切り込みが開いてきたら、桜えびやマッシュルーム、キャベツなど好みの具材も一緒に煮る。スプーンでチーズを押して柔らかくなったら完成だ。

   切り込みが開いた部分から、パンやブロッコリーなどの温野菜をチーズに付けて食べる。

   千葉アナ「とろっとろ!本当に野菜とよく絡みますね。単なるチーズフォンデュよりも、オリーブオイルの香りがしみこんでいます」

   藤井隆「おいしそうですね~」ゲストの鈴木紗理奈(タレント)「これやりたいですね。手軽でいい」

   千葉アナ「アヒージョそのものとしても楽しめますし、野菜などをチーズに付けてもおいしい。一皿で二つの味が楽しめます」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中