2019年 9月 24日 (火)

<グリーンブック>
粗野な白人運転手、セレブな黒人ピアニスト!"逆転"でかえって浮き彫りになる差別・・・アカデミー3賞受賞うべなるかな

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

   1962年のアメリカ。イタリア系白人のトニー・リップはナイトクラブの用心棒として働いていたが、クラブが改装するため仕事を失ってしまった。美しい妻ドロレスと二人の息子を養うため、次に見つけた仕事は黒人ジャズピアニスト、ドクター・シャーリーの運転手兼付き人だった。

   黒人差別が色濃いアメリカ南部でのコンサート・ツアーに戸惑うが、高給に魅かれて引き受けることにした。2か月間のツアーでトニーに渡されたのは、黒人が泊まることの許されたホテルガイド「グリーンブック」だった。

   アカデミー賞の作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞した実話を基にした話題作だ。

滑稽で哀しくて明るい2人の意地の張り合い

   初め、トニーは黒人をしっかり差別していた。自分はしゃべり方も食べ方もどこか品がないのに、シャリーは上流階級育ちのエリートで、そこが気に入らないのだ。しかし、シャーリーが奏でるピアノを聞いた途端、「彼は天才だ」と素直に才能を認める。

   作品を通して音楽はもちろんのこと、登場するのは美味しい料理、ロマンチックな手紙のやりとり、シャーリーとトニーの間に少しずつ芽生える男同士の友情。そのすべてが大切な何かを気づかせてくれる。心温まる作品である。

   良いものは良いと率直に言えるならば、生まれ、育ち、肌の色を超えて心に届く。シャーリーとトニーの関係は時に笑ってしまうほど面白い。互いが寂しさや辛さを抱えながら、でも、断固として曲げないプライドを持っているところが、見ていて心地良いのだ。

「ロード・オブ・ザ・リング」イケメン戦士が20キロ太ってピザばか食い

   トニーを演じたビゴ・モーテンセンが魅力的だった。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでイケメン戦士アラゴルンを演じてから18年。役のために20キロ増量し、ぼってりと出た腹で、ハチャメチャで粗野だけど、どこか憎めないイタリア男を好演している。大飯食らいでピザやパスタが大好き。とにかく食べているシーンが多い。時にはピザを丸まま一枚折りたたんで、実に旨そうに食べる。

   そんな彼を愛し、そして黒人にも優しい妻のドロレスは物語をより微笑ましいものにしている。ラブレターの秘密は最後までとっておくにしても、アカデミー賞作品賞にふさわしい映画であった。

PEKO

おススメ度☆☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中