2019年 4月 19日 (金)

<なつぞら>(第14話)
牛の世話も絵も大好きななつ 天陽とスケッチの楽しい寄り道だったが・・・

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   学校の帰り、なつは仲良しの山田天陽(吉沢亮)を訪ねる。荒れ地だった天陽の家の畑も、じいちゃん(草刈正雄)らの援助もあって、いまではじゃがいもの花が一面に咲いている。

   天陽は高校には進学できなかったが、「絵描きで農家」を目指していて、なつは絵を教わっていた。お互いをスケッチし合うと、なつの絵は躍動感にあふれ、すでに非凡だった。しかし、まだ本格的に勉強することは考えておらず、十勝で酪農を続けながら、天陽と一緒に絵を描くことで十分だった。

じいちゃんがいきなり怒りだした。なぜ?

   帰り際に、天陽の家でも農協から借りた牛で牛乳の生産を始めたことを知る。なつは「これからは牛乳がどんどん高くなる時代だから、牛を飼うのはいいことですよ」と喜ぶが、山田家は牛の飼料の調達に悩んでいた。

   「じゃあ、じいちゃんに聞いてみるよ、うちのを分けてくれるかって。喜んで協力してくれると思うから」となつは請け負ったが、天陽の表情は複雑だ。

   はたせるかな、家に帰ってそのことを話すと、じいちゃんは顔色を変え、「その牛の面倒を見ることは許さん」と大変な剣幕だった。実はじいちゃんと農協はうまくいっていなかった. (NHK総合4月15日あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中