2019年 12月 12日 (木)

ハンマーで殴り熱湯をかけて元夫を殺害 パチンコとゲーム三昧、「悪妻」の見本のような暴力女

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ハンマーで殴り元夫を殺したとして殺人容疑で逮捕された女について、近所の住民から衝撃的な証言が得られました」とキャスターの真矢ミキが伝えた。

   逮捕されたのは東京都三鷹市の無職の秋山朝子容疑者(55)。おととい14日(2019年4月)、アパート自室で同居している元夫の秋山均さん(60)が床に寝ていたことに腹を立て、ハンマーで頭を殴り、さらに洗面器で上半身に熱湯をかけたと供述している.

tv_20190416121420.jpg

逮捕された時の「車いす姿」もパフォーマンスか?

   逮捕されたとき、朝子容疑者は車椅子でぐったりした様子で運ばれていたが、テレビを見た近所の人は驚いた。ある女性は「車椅子はパファーマンスだと思いました。歩けますよ。先週くらい、洗濯物を干しているのを見ましたし、あんなにクタってしているのに人なんか殺せないですよね」

   2人は約20年前から暮らしていたが、去年(2019年)7月に離婚しながら同居生活をしていた。近所の人は「昔は旦那さんを送りだすときに、奥さんが階段を下りてきて、キスしたりして仲睦まじくやっていました」という。

   均さんが勤めていた会社関係者は「とにかく真面目で朝一番に来て鍵を開け、夜遅くまで残って仕事をしていました。仕事の帰りにあれ買ってくるとか言って、一生懸命面倒みていましたよ」と話す。

   半面、元同僚は10年以上前から朝子容疑者から暴力を受けていたという。その理由は「奥さんがパチンコ好きでね、パートで稼いだお金を全部パチンコに使ってしまう。注意すると奥さんに殴られる。スマホのゲームなんかでも1カ月8万円ぐらい使って。『スマホを取り上げたら』というと、殴られるといっていました」

   離婚後の同居、金遣いの荒さ、暴力、真面目そうな元夫......不思議な関係だったようだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中