2019年 5月 22日 (水)

間一髪!轢かれそうなチワワを咥えて救出・・・ボーダーコリーは犬界トップの賢さ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

    カナダのケベック州から届いた映像。積雪らしい白っぽい地面に左から小さなチワワ犬が現れ、そこへ女性が車をバックさせる。あわやの場面で、右から大きなボーダーコリーが飛んできて、チワワをくわえて救出した。

   司会の羽鳥慎一「すごいですねえ。チワワを突き飛ばさないで助けましたよ」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「瞬間の判断でした」

   気づいた女性は駆けよって2匹を抱きしめた。

5回以内でしつけを覚え、1022語を聞き分け

tv_20190418112551.jpg

   斎藤ちはるキャスター「犬の賢さランキングでは、1位がボーダーコリーで、2位はプードル、3位はシェパードだそうです」

   ボーダーコリーは新しいしつけを5回以内で覚え、1回の命令で95%をこなすという。1022語の言葉を聞き分けるというデータもある。ドッグトレーナーの赤堀芙美さんは「牧羊犬として羊の群れを統率し、観察力や集中力に優れています」と説明した。

   高木美保(タレント)「崖っぷちにいる子羊とかを守るため、ダッシュして助ける防衛本能があります」

   羽鳥「牧羊犬だから能力があるのか、能力があるから牧羊犬なのか。とにかく賢い」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中