2019年 5月 20日 (月)

埼玉にいるだけで世界一周?行った気分になれるギリシャ、フランス、フィンランド、トルコ・・・

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   このところなにかと話題の「埼玉」は、10連休もあちこちが賑わいそうだ。「ビビット」は情報誌「東京ウォーカー」の加藤玲奈編集長に、「埼玉県で世界を体験できるランキング」を聞いた。

   5位はギリシャ。「なんと世界遺産パルテノン神殿が、埼玉にもあるんです」という。春日部市の首都圏外郭放水路のことで、異常増水のときの地下施設だが、巨大な柱が並んでいる様子は、たしかにパルテノン神殿だ。映画「翔んで埼玉」にも登場する。見学には事前予約が必要だが、ほぼ毎日行われている。

ムーミンにも会える谷

tv_20190424144145.jpg

   第4位はフィンランド。先月(2019年3月)にオープンしたばかりの飯能市の「ムーミンバレーパーク」だ。北欧かなと思うような街並みを体験できる。

   3位はフランス。渋沢栄一の出身地である深谷市のテーマ型パーキングエリアでは、南仏プロバンスのようなきれいな景色を楽しめる。看板もフランス語である。2位はトルコ。古くから有名な「カッパドキア」と同じような景色を見られるのが、吉見町の「吉見百穴」だ。

   1位は台湾。坂戸市の畑の真ん中に色鮮やかな神社が見える。日本最大級の台湾神社「聖天宮」だ。台湾の実業家が「この地に立てなさい」という神様からのお告げで1995年に建てたそうだ。コスプレイヤーたちにとって、「映える」場所と話題になっている。

   6位以下は、アメリカ(入間市の米軍の旧基地)、中国(川口市の中華街)、ペルー(秩父市の「マチュピチュ」さながらの雲海)が紹介された。

   国分「世界1周したよう気分になりましたか。近いところですが、知らないところも多かったですね」

   さて、行ってみますか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中