2019年 12月 6日 (金)

木嶋佳苗死刑囚「3度目の獄中結婚」相手は週刊新潮デスク!40代前半の超イケメン

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「旦那になってもらうと、差し入れの量や質が全然違うの」

   木嶋と文通・面会があるフリージャーナリストの八木秀和氏は、「普通の支援者・友人として会う時と、旦那として会う時とでは、差し入れの量や質が全然違うと、(木嶋が)いっていました。打算もあると思います」という。八木氏にも結婚の誘いがあったが、「表向きの優しさより、裏に潜む怖さの方が強かった」

   司会の国分太一「スクープを取るために、死刑囚と結婚ですか?」

   堀尾正明キャスター「接見は限られた時間内に話すので、心の扉をオープンにする。相手の人間性に触れる。人間関係が深くなる。相手をもっと知りたい――というのは恋愛と同じでしょうね」

   増田ユリヤ(ジャーナリスト)「(Xさんは)新潮社をやめて他で書くことはあるかもしれないが、今の立場では書けないといっていますよね。人を好きになるのは理屈じゃない」

   新潮社はこの結婚も「プライベートなもの」としている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中