2019年 6月 18日 (火)

悠仁さまの教室、席、授業時間どうやって知ったのか・・・「中学校」刃物置き侵入男

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   不気味な事件だ。先週金曜日の26日(2019年4月)昼ごろ、秋篠宮家の長男、悠仁さまが通うお茶の水女子大付属中学校で、悠仁さまの机の上に果物ナイフ2本が置かれるという事件が起きた。ナイフは棒の先端に粘着テープで固定されていて、生徒が授業で教室を離れたときに置かれたとみられている。

   学校に設置されている防犯カメラには、上下青っぽい服装にヘルメット、マスクと手袋を着用した中年男が写っていた。男は机に置かれていたものとよく似た刃物のついた棒を手にしていた。

   学校はとフェンスで囲われていて、学生は入口で学生証をチェックされ、外部の人は事前に学務課に資料を提出し、守衛が確認することでようやく構内に入ることができる。

インターホンに「工事の者です」

   男は入口のインターホンで「工事の者です」と言って侵入していた。教室の机には、生徒それぞれの名前が貼られていて、それで特定したと見られる。

   警視庁は建造物侵入の疑いで捜査を進め、早急に警備態勢を見直す。

   司会の加藤浩次「わからないことが多いですよね。(校内をうろうろしてたら)あれっと思いそうなものなんだけど」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「相当に計画的で、内部事情に詳しくないとできませんよね。外で課外事業があることや、教室がどこにあるのか、ネームがあることなどをどうやって知ったのか。そうとう入念に準備したのでしょう」

   みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中