2019年 10月 19日 (土)

「ドクターX」復活か?米倉涼子が意味深な待望論「白衣いいなあ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   この秋、テレビ朝日系の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」は復活するのか。先月30日(2019年4月)に放送された「羽鳥慎一モーニングショー夜の拡大版」で、主演の米倉涼子が続編となる「第6弾」をにおわせる発言をして、憶測を呼んでいる。

   司会の羽鳥慎一から「"大門未知子"、次はいつ見られるんでしょうか。令和の時代に?」と聞かれ、米倉は「私もそろそろ見たいかなあ」と、意味ありげに笑った。

   羽鳥「米倉さんが見たいということは、もう決定ですね」

   米倉「なんか、やっぱり白衣とか欲しいかなあって思う時はありますよね」

   米倉もやる気十分といった感じなのだが、「女性自身」(4月30日号)は「今秋に復活すると決まったんです! まだテレビ朝日内の幹部以外はほとんど知らない"超極秘扱い"」と芸能プロダクション関係者のコメントを紹介している。

テレ朝開局60周年ドラマの切り札

   テレビ朝日は2月1日(2019年)に開局60年となり、今年から来年にかけて記念ドラマが目白押しだ。今月22日(2019年5月)から5夜連続で山崎豊子原作の「白い巨塔」、さらにアメリカのヒットドラマから今年度は渡辺謙主演で「逃亡者」、来年度は「24」の日本版が放送される。昼ドラマ「やすらぎの刻~道」もスタートし、「科捜研の女」も1年通しとなった。

   テレビ朝日関係者はこう話す。「60周年の最大の目標は視聴率三冠ですよ。それが無理でも、日本テレビさんの一角は崩したい。そのためには、スペシャルドラマやスポーツ中継もありますが、連続ドラマでコンスタントに数字をあげる必要があります。科捜研を1年にしたのもそのためですが、やはり『相棒』と『ドクターX』でしょう。去年の『リーガルV』も15%超えを達成しましたが、『ドクターX』は20%台を見込めますからね」

   ただ、復活させるにしても、第5話で大門未知子の天敵の東帝大学病院長(西田敏行)が贈収賄容疑で逮捕されたため、設定などは大きく変更しなければならないだろう。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中