2019年 6月 19日 (水)

東京五輪チケットあす9日から抽選申し込み!出場選手・チームわからないのに買える?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2020年東京オリンピックの観戦チケットの抽選申し込みが、あす9日(2019年5月)午前10時からスタートする。申し込み期間は今月28日までで、抽選結果は来月20日に発表される。7月2日までに購入手続きをすれば、チケットが手に入るという段取りだ。

   司会の加藤浩次「まだ、どの国が出るかも決まってないうちに、チケットを買うんですね」

   森圭介アナ「2016年のリオ五輪も約1年前にチケットの販売が始まったので、東京が特別に早いということではないようです」

登録はネットからだけ・・・パソコンない人は?

tv_20190508123001.jpg

   抽選申し込みにはIDが必要だ。東京オリ・パラ組織委員会のホームページから住所や氏名などを登録する。自宅にインターネットがない、パソコンはできないという人はチケットを買えないということなのだが、自治体によっては、手続きを代行してくれるところもある。

   第1希望と第2希望を、それぞれ30枚ずつ計60枚まで申し込むことができる。当選枚数は最大30枚だ。当選したら、チケット代金を全額一括して支払わなければならない。

   チケットの値段は、開会式は1万2000円から30万円、陸上は5800円から13万円、セーリングは5500円、射撃は2500円などと幅がある。

加藤浩次「サッカー日本代表はいつどこでやるの?」

   水卜麻美キャスターはすでにID登録したという。元競泳オリンピック選手の松田丈志は「僕、ネット上のIDとかパスワードがありすぎて、登録するのに躊躇しちゃうんですよね。やらなきゃなと思ってるんですけど」

   加藤「これは難しいね。たとえばサッカーでも日本の試合をいつどこでやるか、ヤマのかけようもない」

   宮崎哲弥(評論家)「馬券みたいに、どこのチケットが一番確率が高いか、誰かにガイドしてもらいたいですね」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中