2020年 11月 28日 (土)

列島各地につむじ風発生 急に気温が上がると危ない、とにかく早く逃げよう!

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   おととい11日(2019年5月)午後0時40分ごろ、福島県鏡石町の小学校で、運動会の最中につむじ風が発生、飛ばされたテントなどで児童ら13人が軽傷を負った。

   映像では、「キャー、キャー」と悲鳴が上がり、子供たちが走って逃げまわり、テントを押さえる大人の姿もあった。

「まず建物に入る、それができなければしゃがむこむ」

tv_20190513110904.jpg

   週末(11、12日)の各地は暑く、日ざしも強まり、埼玉県和光市の畑や千葉県船橋市の住宅街などでつむじ風が発生した。竜巻ほどの威力はないか、撮影していて、「危険を感じた」という人もいた。

   気象予報士の天達武史によると、晴れてポカポカ陽気で急に気温が上がったときに、校庭のような広いスペースにポツンと大きな建物がある場所で起きやすい。「見たらまず逃げる、できれば建物に入る、それができなければしゃがんで頭を押さえてください」という。

   司会の小倉智昭「つむじ風のニュース映像では物が飛び、人が転倒する中でテントをしまおうとする人がよくいますが、それよりも正しいのは離れることです」

   キャスターの伊藤利尋アナ「まず心を落ち着かせてから行動しないと」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中