2019年 10月 19日 (土)

<関ジャム完全燃SHOW>(テレビ朝日系)
伝説の音楽プロデューサー武部聡志が選んだ「完璧な1曲」は・・・ユーミンのあの曲だった

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   関ジャニ∞がミュージシャンだけでなく、音楽シーンのクリエイターたちをゲストに、ジャムセッションとトークを繰り広げる。番組で取り上げられた曲は、翌日のiTunesランキングでアップするため、音楽業界人も毎回チェックしているという。

   この日のゲストは音楽プロデューサー3人。ゆずや植村花菜のプロデュースで知られる寺田呼人、平井堅やJUJUらのプロデューサーの松尾潔、そして武部聡志で、彼らが考える「完璧な1曲」を紹介しあった。武部は松任谷由実のコンサートツアーの音楽監督のほか、日本レコード大賞やフジテレビ系「FNS歌謡祭」など、コンサートや音楽番組の音楽監督を務めるレジェンドだ。

   その武部が選んだのは、松任谷由実の「春よ、来い」、Mr.Children の「Everything(It's you)」だった。ベーシストでもあるプロデューサー亀田誠治が手がけ、ベースラインが秀逸なJUJUの「やさしさで溢れるように」も紹介した。

松田聖子「小麦色のマーメード」は松尾潔オシ

   松尾潔は、松本隆、松任谷由実、松任谷正隆の黄金トリオが一見地味だが、考え抜いて作っている松田聖子の「小麦色のマーメイド」、寺田呼人は忌野清志郎が亡き母を思い原曲とはまったく異なる歌詞を当てはめたザ・タイマーズ「デイ・ドリーム・ビリーバー/DAY DREAM BILIEVER」をセレクトした。

   どの曲も名曲として高評価を得ているものの、プロならではの解釈、新たな魅力を平易にさらっと教えてくれて、とても得した気分になった。(5月26日深夜11時10分)

   かたくりこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中