2020年 12月 2日 (水)

「私は、お前ら庶民とは生まれた時から人生が違うのさ」元次官に刺殺された息子、SNS投稿が切ない

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   1日(2019年6月)に起きた、父親が息子を刺殺した事件。逮捕されたのは熊沢英昭容疑者(76)が元農林水産省事務次官というエリート中のエリートだったため、注目を集めている。

   事件は、1日午後3時半過ぎ、東京都練馬区の自宅で起こった。「息子を刺し殺した」との110番通報を受け、警察が駆け付けると、1階和室で同居する無職の長男、英一郎さん(44)が血だらけで倒れていた。英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

「父から悪に勝つ方法があると聞いた時、流石と思った」

tv_20190603130243.jpg

   一家は10年ほど前からこの街に住んでいたが、近所の人は英一郎さんの存在を知らなかった。「夫婦2人暮らしと思っていた」「まさか息子さんがいたとは...」と驚きを隠さない。

   一方で、英一郎さんを知る人はSNS上にはたくさんいる。毎日のように更新されていた英一郎さんのSNSでは、自ら本名を名乗り、「元事務次官の愚息であります」と明かしていた。これ以外にも、「私の父は役所で人間を色々見て、観察力があります」「私も父から、悪に勝つ方法がある、と聞いた時、流石と思った」など父親に関する書き込みは多い。

   ネット上で交流のあった女性は「自分の父親はこんなにすごい人なんだと、皆さんに伝えたがっている印象でした」と話す。その一方、「私は、お前ら庶民とは、生まれた時から人生が違うのさ」という過激な書き込みもしていた。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中