2019年 12月 8日 (日)

<メモリーズ・オブ・サマー>
12歳の少年が「恋と性」に目覚めた夏休み・・・ポーランドの田舎町がひたすら美しい

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

古き良き時代を少年の目で描いたひと夏の夢

   1970年代後半のポーランドは、ピョトレックの父親が海外に出稼ぎに出向いていることからも分かるように、経済的に苦しい時代だったが、国内では「懐かしき時代」として国民に郷愁を感じさせる時代としてとらえられている。ポーランドの忘却感もピョトレックの目線で描かれており、「変化」に敏感である。初恋、友情、性、そのどれもがピョトレックにとって甘美でいて冷酷な、忘れがたい夏の記憶となる。

   父親が帰ってくる。幸せを取り戻したかのように遊園地の遊具で大はしゃぎする一家。笑顔のピョトレックは来年には遊具には興味を示さないかもしれない。彼らの笑顔は蜃気楼のように淡く、邯鄲の夢の如し美しい。

おススメ度☆☆☆☆

丸輪太郎

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中