2020年 11月 28日 (土)

米朝電撃会談、トランプ氏の「直感」と「本能」を礼賛。明治大の海野教授の解説が面白すぎ!

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   6月30日(2019年)、トランプ米大統領のツイッターでの呼びかけをきっかけに急きょ実現した3度目の米朝首脳会談。現職の米国大統領として初めて境界線をまたぎ、北朝鮮側に入ったトランプ大統領はご満悦。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長も終始笑顔で、再会の喜びを伝えた。

民主党テレビ討論会から自分に注目させたトランプ氏

tv_20190701111456.jpg

   大統領選挙向けの実のない単なるパフォーマンスとも言われるなか、番組ゲストで、トランプウォッチャーとして知られる明治大学の海野素央教授は、「アメリカ国内ではこの2日間、民主党のテレビ討論会が行われていて、国民の関心もG20より民主党に向かっていた。それを何とか取り戻さなくてはならない、映像を自分が支配していたいというトランプ大統領の『本能』と『直感』が働いた」と分析。歴史的な場所、非武装地帯で北朝鮮との友好を示すことで、その思惑は成功したと指摘した。

   その後も海野教授はたびたび、大きな声で「トランプ大統領の『本能』と『直感』とツイッターの融合が金委員長の心をとらえた。第1回会談のシンガポールより、金委員長には笑みがある」と強調。

   「トランプ大統領が金委員長の心をとらえたことで、これから拉致問題では、ますます安倍総理はトランプ大統領に依存していく。裏を返すと日本は貿易交渉でもっと弱くなる、ということですね」とまくしたてる海野教授に、ワイプで抜かれた司会の小倉智昭氏が苦笑する場面も。

   ネットなどでも「暑苦しい」「同じコメントを繰り返しすぎ」とやや炎上ぎみの海野教授。トランプ以上に目が離せない?

文・うさまる

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中