2019年 7月 19日 (金)

アウトレットにミツバチ襲来!タピオカが目当て?ショップはドア閉めたり、警備員出動したりの大騒ぎ

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   きのう7日(2019年7月)午後2時ごろ、神戸市の「神戸三田プレミアムアウトレット」にハチの大群が襲来して、人混みの間を飛び回り、ショップはドアを閉めたり、警備員が出たりの騒ぎとなった。大群はそのうちベンチにひとかたまりとなり、今度はそこから移動しなくなってしまった。

   ハチはセイヨウミツバチで、主に蜂蜜をとるため飼育されている。人を襲うことはないが、刺されるとアナフラシキーショックで意識障害を起こすこともあるという。

   4時間後に駆除業者が巣箱に移して移動させたが、どこからやって来たのか。周辺の養蜂家は「うちのハチではない」と言っている。東京都養蜂協会の牧野攻会長は「最近はネットなどで取り寄せて、自宅の屋上やテラスで飼っている方がかなり増えています。悪いわけじゃないけど、勉強しないで飼っちゃって、女王蜂を逃がしてしまったのではないでしょうか」と説明した。

素人の「ベランダ養蜂」が逃げたらしい

tv_20190708130626.jpg

   春からこの時季は巣分かれのシーズンで、女王蜂が巣から離れると、働きバチがいっせいに付いて行き、大群の移動になる。東京都内でも、今年に入って恵比寿、杉並、江戸川で襲来騒ぎが起きた。

   ベランダ菜園ならぬ、ベランダ養蜂はちょっとしたブームなのだが、十分ご注意をというところだ。

   司会の小倉智昭「ベンチにナタデココの食べかけがあって、それに寄って来たとも言うんだけどね」

   山崎夕貴キャスター「甘いものがねえ~」

   伊藤利尋キャスター「あのう、ナタデココじゃなくて、タピオカですって。(ハチにも)ブームが来ているんですかね」

   小倉「ああ、すみません」

   オジサンは、ナタデココもタピオカも、あまり食べたことないので・・・。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中