2019年 7月 16日 (火)

<大富豪同心/最終回「あいつは、ただの同心?」>(NHK・BSプレミアム)
宿敵・天満屋に狙われる卯之吉!命をかけて守る美鈴が斬られた!江戸の治安と恋はどうなる?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   窮地に陥ると立ったまま失神していた「最弱」の同心・八卷卯之吉(中村隼人)が愛の力で「最強」のスーパー同心に変身だ!

 

   前回放送で、女盗賊・お峰(青山倫子)が放った刺客に女剣士・溝口美鈴(新川優愛)が襲われたとき、八卷はとっさに身を挺して美鈴を守り、「殺すなら私を!」と叫ぶ。そのことで、自らの美鈴への思いに気づいた八卷だ。一方、お峰らの裏で糸を引く黒幕・天満屋(柴俊夫)が15年前は八卷の祖父・徳右衛門(竜雷太)が営む両替商・三国屋の大番頭だったことが改めて確かめられた。

八卷の弱点が美鈴とにらんだ天満屋は罠にかける

   そして、迎えた最終回。徳右衛門は八卷に、両親の死の真実、天満屋との関係を告げる。その瞬間から八卷にとって人生は「どうせ死ぬまでの暇つぶし」ではなくなった。

   八卷を殺害し、さらには三国屋を乗っ取ろうと狙う天満屋は、策略を得意とする吉兵衛(宮川一朗太)に任務を託す。その策略とは「八卷の弱みを見つけ出し、そこを突く」というもの。八卷の弱点が美鈴だとにらんだ吉兵衛は、美鈴と八卷に化けた役者・由利乃丞(柳下大)を罠にかける。

   八卷は美鈴らを救出すべく、奉行所の仲間らを引き連れて天満屋の息がかかった刺客たちが待ち構えるアジトに乗り込む。そこで、八卷は人が変わったように快刀乱麻の太刀さばきを見せ、悪人どもを一網打尽にする。

   だが、美鈴は立ち回りの最中、狡猾な吉兵衛に刺されて重傷を負ってしまった。床にふせる美鈴を見舞った八卷は、目に涙を浮かべて・・・。

   これまで徳右衛門が頑として明かさなかった両親の死の真相が明らかとなる。それも天満屋の仕業らしい。美鈴との恋の行方も分からなくなってきた。(2019年7月12日夜8時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中