2020年 11月 25日 (水)

<なつぞら>(第93話・7月17日水曜放送)
なつは柴田牧場のおかあさん・富士子に電話ですべてを伝えた「夕見子がこっち来てるの。男の人と」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   なつ(広瀬すず)は休みの日曜日に夕見子(福地桃子)と幼なじみの小畑雪次郎(山田裕貴)の住む安アパートを訪ね、3人で映画を見に行くことにした。映画を楽しんだ後、みんなで新宿のレストラン「川村屋」に向かった。マダムの光子(比嘉愛実)は暖かく出迎えてくれた。

   「いらっしゃい。なつさん、ずいぶんと久しぶりね。雪次郎くんも頑張ってるの」

   3人が食事をしながらおしゃべりをしていると、光子も加わる。なつは咲太郎の近況を報告した。「マダム、お兄ちゃんが声優のプロダクションを作ったの聞いてますか」

   光子「咲太郎が会社を始めたのはね、なつさんの影響があるのよ。なつさんが漫画映画を作っている姿に、自分も頑張ろうと奮い立ったのよ」

もう北海道に帰らないつもりじゃないのか・・・

tv_20190712160113.jpg

   なつと光子の話に割り込むように、夕見子がいきなりこんな質問をした。「吹き替えの映画の世界に、ジャズの音楽を入れることはできない?」

   なつは急に心配になった。夕見子の恋人はジャズをやっていて、その道を突き進もうとしている。夕見子はこのまま北海道の柴田家の家族に何も知らせないまま、ずっと帰らないつもれなのではないかと感じたのだ。

   なつは北海道の富士子(松嶋菜々子)に電話をかけた。「お母さん? 内緒にしといてって言われているんだけど、夕見子がこっち来てるの、男の人と。お母さんたち心配してると思って」

   富士子「そうなの。心配して連絡くれて、ありがとう。そうではないかと、は思ってたの」

   なつは富士子にすべてを話してしまった。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中