2019年 12月 11日 (水)

岡本社長パワハラ発言は、吉本が誰かに忖度しているのか、それとも保身か? 会見で明らかになるか

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「闇営業」問題で吉本興業から契約を解除された宮迫博之(49)と謹慎中の田村亮(47)が20日(2019年7月)、都内で記者会見を開き、吉本興業に謝罪会見を止められていた経緯を明かした。

   2人によると、吉本は「(ギャラをもらっていたことは)いまさらひっくりかえせない。静観でいこう」と伝えてきていた。

   2人は金銭授受をいったん否定するウソをついたが、6月24日、吉本が「闇営業」での金銭授受を公表した日に、亮が「自分たちで謝罪会見をやらせてください」と吉本の岡本昭彦社長に申し入れたが、社長から「記者会見をさせるつもりはない」と言われたという。

宮迫と亮はもう会社を信じられずに...

tv_20190722124826.jpg

   社長はその場にいた社員や弁護士を外に出したうえで、「おまえら、テープ回してないやろや」と確かめ、「記者会見したらええわ、ほんなら全員連帯責任でクビにする」と脅し、亮と宮迫は何も言えなくなったそうだ。

   7月8日には「会見させてやる。ただし、期間はこちらで決定する。いつになるかは明言できない」と言われた。2人で独自に弁護士をつけて交渉しようとしたところ、吉本側の弁護士から「ファミリーなのにと、上層部は悲しがっている」と伝えられた。18日には2人で会見するか、契約を解除するかを選べという書面が送られてきて、会見を「あす12時から」と指定され、Q&Aの練習をするように求められたという。

   宮迫は「会社主導の会見で生放送もされないなら、辞めて自分たちで会見を開こうと決め、きょうにいたりました」「(ファミリーなら)子どもが正しいことをするのを止めるのは親ではないと思います。(吉本には)不信感しかなくなりました」、亮も「会社を攻撃するなんて、1ミリも考えていなかったのに」と涙声で述べた。

   杉山愛(元テニスプレーヤー)「2人を見ているだけで苦しい会見でした。なんでこんなことになっちゃたんだろう」

   岡本社長はきょう22日(2019年7月)午後2時から記者会見する。

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「岡本社長の発言は吉本が誰かに忖度(そんたく)しているのか、会社自身の保身なのか、そこが聞きたい」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中