2020年 11月 29日 (日)

動物たちはみんな乗るのが大好き! ワシの背に乗るクロウタドリ、ワニの背に乗るカメ

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   真っ青な大空を悠々と飛んでいるワシ。その背中に1羽の黒い鳥が――。先月(2019年6月)、ネットで投稿されたこの写真が話題になっている。「凄い、かっこいい」「最高!」と驚く一方、「合成ではないか」という疑念も出た。

   撮影したアメリカの写真家、ジェイソン・マッカーティーさんによると、乗っているのはクロウタドリという鳥だ。「僕は2年間、このワシの家族を追っているんだ。正真正銘100%本物です」と自信を持って述べた。

 

   動物研究家のパンク町田さんに聞くと、「クロウタドリは自分の縄張りからワシを追い出したいんです。乗っかっているというか、追い払うために攻撃しているところです」と話す。確かに、背中に乗る前の写真ではクロウタドリが後ろから追っている。

tv_20190723112704.jpg

カエルの背にカマキリが乗る理由は?

 

   背中に乗る動物は鳥だけではない。インドネシアではカエルの背にカマキリが乗っている写真もある。パンク町田さんは「カエルは葉っぱに擬態中なんでしょうね。カマキリもカエルとは思っていないんですよ」

 

   馬の背に乗る犬は時々みる。ワシントンの犬は障害物を飛び越しする。飼い主は「犬を訓練するのはそんなに難しくはありませんでした」と話す。別の映像ではカバに乗るサギもいる。水中ではワニの背にしがみついているカメもいる。これはカメが一方的に交尾しようとしているところだそうだ。

 

   キャスターの山﨑夕貴「いろんな動物にいろんな動物が乗っちゃうんですね」

 

   キャスターの伊藤利尋「哺乳類同士だと驚かないんですね。カメが背中にきたワニはどういう気持ちなんでしょうか。では、次はお天気です」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中