2019年 8月 19日 (月)

<凪のお暇>(TBS系)
パーマ頭も似合ってしまう黒木華!さすが芸達者・・・どんな役やっても一瞬で心わし掴み

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   場の空気を読みすぎて、他人に合わせて無理しすぎた結果、会社で過呼吸を起こして倒れてしまい、仕事も恋もSNSもすべて辞めてリセット。しばしお暇をいただく28歳、大島凪の物語。ヒロインを演じる黒木華がいい。番宣であのパーマ頭を見た時はイメージが違うかもと不安だったが、さすが銀熊賞受賞女優である。一瞬で心を掴まれた。

空気読み過ぎ癖もうやめた!仕事も彼氏も断捨離

   仕事でミスがあり、「誰がやったのか」と追及する上司に、誰も名乗らず険悪な空気になるのが耐えられず、身代りで手を上げてしまう凪。お弁当を持ってきたのに、同僚にランチに行こうと誘われれば、断りきれない凪。同僚のSNSは常にチェックし、「いいね!」を押し、「わかる!」と同調。自分がどうしたいのかではなく、空気を読んでばかりの日々だ。

   つきあっている我聞慎二(高橋一生)との関係も同様で、社内イチの人気者で自慢の彼だが、つきあっていることは内緒にしている。ある時、我聞が凪のことを「結婚する気はない。あっちがいいからつき合ってるだけ」と言っているのを聞いてしまい、ショックで過呼吸になってしまう。

   そのことをきっかけに、仕事も彼氏も家財道具一式もすべて断捨離。東京のはずれ、家賃3万円のオンボロアパートで新しく生まれ変わろうとする。「おつり漁りババア」と呼ばれている吉永緑(三田佳子)、しっかり者の小学5年生・白石うらら(白鳥玉季)、イベントオーガナイザーという怪しげな仕事をしている謎の男・安良城ゴン(中村智也)などなどが隣近所だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中