2019年 11月 21日 (木)

<なつぞら>(第101話・7月26日金曜放送)
看板女優・蘭子の家で2人きりの雪次郎・・・恋仲になるのではとなつはハラハラだ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   仕事を終え、下宿先のおでん屋「風車」に帰ったなつ(広瀬すず)は、歌手の煙カスミの付き人の土間レミ子(藤本沙紀)に会う。レミ子は、雪次郎(山田裕貴)が舞台の千秋楽のお祝いで、亀山蘭子(鈴木杏樹)の家に招かれたという。

   「風車」の女将、亜矢美(山口智子)は自分が劇団で踊っていたころの経験を思い出して心配する。雪次郎が蘭子と恋仲になることを案じているのだ。「恋愛と仕事が一緒になってしまうと、うまくいっている時はいいけど、うまくいかなくなったら困るからね」

「今の劇団やめるわ。新しいところで挑戦したい」

tv_20190724154858.jpg

   雪次郎は蘭子に、劇団が分裂してからのことを打ち明けていた。蘭子が「雪次郎くんは、新しい劇団に移らないの」と聞くと、「一度断ってしまったので」という。蘭子への思いから、留まることを決めたことも打ち明けた。

   黙って話を聞いていた蘭子は、思いもよらない言葉をかける。「役者は評価される劇団に移るべきだと思うの。雪次郎くんは、若いから余計にそうよ」

   雪次郎の成長を間近で見ていた蘭子は、雪次郎の背中を押したのだ。

   蘭子の家を後にした雪次郎は、「風車」を訪れると、なつたちに「俺、今の劇団やめるわ。新しい劇団に誘われてて、そっちに行って舞台をやろうと思う」と伝えた。

   「せっかく主役ができるようになったのに、なんで」と驚くなつや咲太郎(岡田将生)に、雪次郎は「新しいところで挑戦したいと思ってるんだ」と今の思いを語った。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中