2019年 8月 17日 (土)

吉田沙保里 TBS「ノーサイド・ゲーム」本人役で出演!大泉洋に猛タックル

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今週4日(2019年8月)放送のTBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(日曜よる9時)に、レスリングの吉田沙保里が本人役で出演する。ドラマは14億円の赤字を抱える企業ラグビーチーム「アストロズ」の再建物語で、大泉博演じる総務部長兼ゼネラルマネジャーの奮闘ぶりが見ぢころだ。

   そのアストロズが今シーズンは珍しく好調で、次は最終戦というところまで勝ち星を重ねてきたが、対戦相手の「サイクロンズ」はリーグ最強だ。とくに、タックルの鋭さと強さには定評があった。そこで、大泉のGMが考えたのが、高速タックルを得意とした「霊長類最強女子」吉田沙保里に教えをこうことだった。

リオ五輪以来のシングレット姿で登場

   収録で吉田が青のシングレットで現れると、ドラマの出演者やスタッフからは「おお、吉田だあ」という声が上がった。なにしろ、吉田がユニフォームを着たのは、リオデジャネイロ五輪以来だ。撮影が始まると、吉田はラガーマン役の巨漢の役者たちを次々と転がし、大泉も挑戦したが一瞬で吹っ飛んでしまう。

   吉田は「撮影前、大泉さんはひ弱そうな印象だったのですが、撮影が終わってみたら、ひと回り大きくなっていました」と笑った。

   「ノーサイド」は初回視聴率は13・5%、その後も2ケタ台を維持しているが、やや息切れ気味だ。吉田沙保里の出演で活が入るか。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中