2019年 8月 23日 (金)

51歳男性が遊具から落ちて死亡 「那須ハイランドパーク」は「命綱の付け忘れが原因かも」と発表

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」で5日(2019年8月)、神奈川県相模原市の男性客(51)が高さ5メートルの遊具から転落、頭を強く打ち死亡した。施設は、事故原因について耳を疑う内容を発表。男性が命綱を付けていなかった可能性もあるというのだ。

混んでいる時は数人しか体験できない人気遊具

   事故があったのは、ボルダリングなどを楽しめる屋内アトラクション「ノボランマ」の遊具のひとつ。5メートルほどの高さまで柱をよじ登り、そこから数メートル先にあるサンドバッグに飛び移って5秒間ぶら下がることができたら「成功」というもの。混んでいる時はじゃんけんで勝った数人しか体験することができないほど人気の遊具だという。当然、参加者は命綱を付けて挑戦するが...。

   事故原因について施設は調査中としながらも、「命綱の付け忘れが事故原因ではないかと考えております」と発表した。

   この遊具では、仮に「成功」したとしても、サンドバッグから床までは命綱にぶら下げられて降りてくるしかない。命綱なしでは成り立たないのだ。それなのに、なぜ付け忘れなど起きたのだろうか?

事前に命綱の「講習」をするはずだが

   アトラクションの流れを見てみると、利用者はまず「利用中に発生したケガ、事故、損害についてはお客様の責任となります」などと書かれた同意書にサイン。その後、命綱の講習を受け、下半身にハーネスをつけてから入場し様々な遊具に挑戦する。

   事故が起きた遊具では、上半身にもハーネスを追加し、背中に命綱を付けることになる。自分ではできないので、装着するのはスタッフだ。別の日に参加した客が撮影した動画を見ると、飛び移る直前にはスタッフが参加者に命綱を確認するように指示。「そこには絶対に捕まらないようにしてください」と注意している。

   以前この遊具に参加した人は、「床はクッション性があるものではない。命綱なしで飛び降りたらたケガをするのは確か」と話す。

   県警は業務上過失致死傷容疑での立件を視野に原因などを調べている。

   中江有里(女優・作家)「ちょっと信じられない。それだけ人気があるアトラクションだということは、みんな見ているわけですから、誰か気づきそうですけれども」

   古坂大魔王(芸人・プロデューサー)「僕も若手のころには、バンジージャンプとか色々体験しましたが、何人かで2、3回はハーネスや命綱を確認していました。確認するのは1人ではないはずだと思うのですが...」

    ピノコ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中