2019年 11月 15日 (金)

小倉智昭 山崎アナに鋭く突っ込み!日本一どうでもいい話―夫『おばたのお兄さん』がなくした財布戻ってきた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑い芸人・おばたのお兄さんは8月13日(2019年8月)に、公園で地面に置いた財布をSNS用に撮影し、そのまま忘れてしまい、あわてて戻ったが、財布はなくなっていた。その財布は、妻の「とくダネ!」山﨑夕貴キャスターから誕生日にプレゼントされたものだった。すぐに「ごめんね」とあやまったら、返ってきたのは「そんなことより、早く(中に入っていた)カード止めて」ということだった。

tv_20190815131000.jpg

古市憲寿も「家の忘年会で流すようなVTR」

   諦めきれないおばたのお兄さんは、現場の防犯カメラを見せてもらいに行くと、映像に1人の男が財布を拾った姿が映っていた。さっそくツイッターで、「財布を落としました。浦安市運動公園体育館です!拾って下さった方、防犯カメラの映像にうつっておりましたので、直接ご連絡頂きたいです!お礼もさせて頂きます!状況詳細は画像にあります。拾ってくれたあなたに届けー!」と呼びかけた。

   すると、その日の夜10時半に「私が拾いました」という連絡が入った。拾い主に会いに行くと、「本人は申し訳なさそうに丸まって、『すいません。ラッキーと思って拾ってしまい、後悔しています』と財布を返してくれた」という。

   山﨑が「戻ってきてよかったです」と話すと、司会の小倉智久は「あなたのご主人。全国ネットでこれだけ長い時間、芸を見せたことないでしょ」

   社会学者の古市憲寿からも「山﨑さんの家の忘年会で流すようなVTR。日本で一番どうでもいいニュース」と激しく突っ込んだ。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中