2019年 10月 22日 (火)

「フラダンス甲子園」男子もいる埼玉・武蔵野星城高がんばったけど・・・最後に腰ミノ落ちたあ!?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今週の「スッキリ」は高校生の熱い戦いを紹介しているが、けさ21日(2019年8月)はフラダンスの高校日本一を決める第9回「フラガールズ甲子園」だ。今月18日、福島県いわき市で開催され、秋田県から沖縄県まで26校が参加した。「スッキリ」が注目したのはメンバー8人のうち5人が男子という埼玉県の武蔵野星城高校だ。

   6年前の創部時は女子のみだったが、4年前に部員が2人になってしまい、顧問の澤田綾美先生が呼び掛けて5人が入った。

   大会には課題曲と自由曲があり、武蔵野星城高校は男子が多いので、自由曲には力強さをアピールできるタヒチアンダンスを選んだ。振り付けにも男子を前面に出した。ラストの見せ場には、男子の太腿に乗って女子が立ち上がるシーンも取り入れた。「今年は入賞を狙えるんじゃないかなと思うくらいの仕上がり」(副部長)と自信をもって臨んだ。

衣装落下は減点で入賞ならず

tv_20190821132449.jpg

   いよいよ本番。みんな堂々と演じ、先生も成功と思った直後、思わぬハプニングが起きた。男子の1人が着けていた腰ミノの「モレ」が外れてしまった。衣装の落下は減点対象だ。終わって涙をこらえられない部員もいた。

   澤田先生は「モレは落ちてしまったけど、最後まで演技したよね。最後までやり遂げたんだよ。凄いよ。めちゃめちゃかっこいいよ。踊りきってくれてありがとう」と褒めた。目標の5位以内の入賞に入らなかったが、みんな清々しい表情だった。

   司会の加藤浩次「うーん、頑張った」

   キャスターの近藤春菜「何年か経って、お酒飲めるようになれば、いいサカナになりますよ」

   宮崎哲弥(評論家)「素晴らしい。絶対にいい思い出になる」

   汗と涙の青春は野球の甲子園だけではないようだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中