2020年 11月 25日 (水)

<なつぞら>(第137話・9月6日金曜放送)
泰樹じいちゃんに「ずっと続けるのか」と聞かれなつ・・・。「天陽くんと話してまたアニメをやりたくなったの」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   北海道十勝の柴田牧場から東京にいる夫の坂場一久(中川大志)に電話をかけ、「『大草原の小さな家』の企画をやらせてほしい」と伝えたなつ(広瀬すず)は、富士子(松嶋菜々子)に「母さん、私やっぱり仕事を続けるわ」と話す。揺れていた心が定まったのだ。

   札幌の放送局で働く明美(鳴海唯)も帰省してきた。久しぶりに家族が勢ぞろいし、柴田家は盛り上がる。

   「なつは仕事をずっと続けていくんか?」とじいちゃんの泰樹(草刈正雄)に聞かれ、「ほんとはね、やめようと思ってたの。でも、天陽くんと話して、またやりたくなった。やるって決めた」と答える。

   なつは亡くなった幼なじみの山田天陽(吉沢亮)の自画像と話をして、そう決めたのだ。

「妹の千遥もどこかで見てくれているはず」

tv_20190904161134.jpg

   会話を聞いていたおにいちゃんの照男の妻の砂良(北乃きい)は、「なっちゃんは続けるべきだと思う。千遥ちゃんが見てるから。千遥ちゃんは、なっちゃんのテレビ漫画見て安心していると思うから」と言う。

   千遥(清原果耶)は行方がわからないなつの妹だ。その言葉を聞き、なつは「再会するためにも、まだまだアニメーションを頑張らなくちゃ」と改めて心に誓う。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中