2019年 10月 16日 (水)

鍋・フライパン・ザル不要! ホットプレートだけで作る、超簡単・絶品ペスカトーレ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   きょう17日(2019年9月)の「クイズとくもり」コーナーは、「ホットプレート」を取り上げた。

   家で焼き肉やお好み焼きをする時に重宝するホットプレート。でも、他の使い道がわからず、あまり出番がないという家庭も少なくないのでは。実は使い方次第で、焼き料理はもちろん、蒸し料理やご飯を炊くのにも活用できる「万能調理器」なのだ。

   料理研究家のKeiさんは、鍋もフライパンもザルも使わず、ホットプレートだけで作る「ペスカトーレ」のレシピを教えた。

ふたを閉めれば少量のスープでめんを戻せる

   ホットプレートにオリーブオイル(大さじ1)とみじん切りにしたにんにく(少々)、輪切りにしたたかのつめ(1本)をのせて高温(約250度)で熱し、香りが出てきたらたまねぎ(みじん切り・2分の1個)を加えてしんなりするまで炒める。

   えび(6匹)、輪切りにしたいか(胴・1ぱい分)、あさり(250グラム)を入れて軽く炒めたら、白ワイン(大さじ3)を加えて中温(約200度)にし、ふたをして5分ほど蒸し焼きにする。

   トマトの水煮(缶詰・700グラム)と水(100ミリリットル)を加えたら、スパゲッティ(130グラム)を広げるように投入。オリーブオイル(大さじ1)を加えて再びふたをし、スパゲッティの袋に記載されたゆで時間だけ中温で熱する。

   少量のスープでもスパゲッティが戻るポイントは「ふた」だ。ホットプレートはふたを閉めると内部に蒸気が充満し、お湯を使わなくてもめんを十分に柔らかくしてくれる。さらに、スープでめんを戻すので中にまで味が浸透し、しっかりした味わいになる。

   試食した番組スタッフ「味がすごく絡まっている感じがします」

   Keiさん「めんに味が染み込んでいくんです。これが新パスタです」

   ペスカトーレ以外にも、ボンゴレなどのスープ系のパスタを作る時におすすめの調理法だ。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中