2019年 12月 16日 (月)

<なつぞら>(152話・9月24日火曜放送)
帯広の菓子店「雪月」のばあちゃんにからかわれる泰樹じいちゃん「あんたもお迎えが近いよ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「大草原の少女ソラ」を見ていた十勝の柴田家では、なつ(広瀬すず)のじいちゃん泰樹(草刈正雄)が物思いにふけっていた。放送が終わると、帯広の菓子屋「雪月」に向かった。開拓時代からの付き合いの店のばあちゃん・とよ(高畑淳子)に会うためだ。

   とよ「私が恋しくなったということは、いよいよお迎えが近いね。あんた」

   泰樹「ばあさん、きのうのなつのテレビは見たか」

   とよ「ああ、見たべさ。あんたとなっちゃんの別れを思い出したのかい」

   泰樹「朝日を思い出したんじゃ。開拓の時、くじけそうになった時に何度も見た。なつはそういうものを作っとるんじゃ」

   とよ「夜明けに感動したんかい。まあ、夜明けに励まされたことは何度もあったね」

   「大草原の少女ソラ」のその日の話は、開拓者の家族に育てられた主人公が、育ての親に別れを告げる話だった。そして朝日が昇るシーンが映し出されたのだ。

ついに「大草原の少女ソラ」も最終回

tv_20190920145546.jpg

   梅雨に入る頃、「大草原の少女ソラ」は大詰めを迎えていた。しかし、制作は遅れに遅れて、放送日の前日にようやく仕上がるような状態が続いていた。ギリギリのためトラブルが多く、クレームの電話にマコプロダクションの社長の大沢麻子(貫地谷しほり)もてんてこ舞いだ。「最終回まであと少しだから、頑張っていこう。時間はないけど、もう少しよ」

   ようやく「大草原の少女ソラ」の最終回が放送され、みんなで打ち上げが行われた。「すべての開拓者に乾杯」となつ。

   スタッフがそれぞれの思いを打ち明ける。声優を手配していた兄の咲太郎の妻の光子が言い出す。「この作品は歴史に残るわ。アニメのひとつの道を作ったと評価されるような作品だもの。なっちゃんの覚悟がこの作品を生み出したのね」

   咲太郎「これから、ますます忙しくなりそうだからな」

   上京していたお母さんの富士子(松嶋菜々子)は、打ち上げの翌日に十勝に帰っていった。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中