2020年 12月 1日 (火)

悪質!ドライブレコーダーで撮られてるの承知であおり運転―赤信号で降りてきて「殺すぞ、ワレ」

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   司会の羽鳥慎一が「これだけ言われているのに、まだあおり運転をやっている」と呆れながら取り上げた。おととい24日午前0時すぎ(2019年)、鹿児島市内の県道で、赤信号で車が止まると、猛スピードで追いついてきた車から男が降り、「ドーン」とドアを叩く。「ドーン」「ドーン」と何度も叩き、男は「おめえ、なにケンカ売ってんだよ。おい、こら」と怒鳴っている。

   信号が青に変わって発進すると、さらに追いかけてきて、赤信号で止まると、横につけて「殺すぞ、ワレ!」と叫んでいた。運転していた男性ドライバーは、左に折れて難を逃れたが、「30~40代の男性でしたね。『おい!こら!』と呼びかける感じで、恐怖を覚えました」と語った。警察に被害届を提出した。

ドラレコ抑止効果より法律強化で徹底取り締まり

tv_20190926121753.jpg

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「昔は神様が見ているから止めなさいが、今はドライブレコーダー。もっと一般的になり、撮られているという認識があれば、こんなことできなくなる。撮られている意識がないからやっているんでしょうね」

   高木美保(タレント)は「そこまで楽観的になれない」という。「ドライブレコーダーが普及しても、顔を隠してやる奴はやりますよ。法律であおり運転という項目がしっかり作られて、あおり運転に類するものは全部ダメと決めてくれないと。私なら『殺すぞ!』と言われたら、命の危険を感じて赤信号でも発信し逃げるような気がする。そこまで含め法律を作って欲しい」

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中