2019年 10月 22日 (火)

香港デモついに警察官が発砲!高校生の胸に命中!命に別状ないが抗議エスカレート必死

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   香港できのう1日(2019年10月)、デモ隊と警察が激しく衝突し、1人の警察官がデモ参加者に向かって実弾を発砲、男子高校生(18)の左胸に命中した。手術で銃弾は摘出され、命に別状はないという報道もある。デモ参加者が実弾で撃たれたのは初めてだ。

   1日は中国の建国70周年を祝う国慶節だったが、香港では中国、香港両政府に対する大規模な抗議デモが10カ所以上で行われ、数万人が参加した。SNSの映像によると、商店街のような場所でデモ隊ともみあったガスマスク姿の警察官が、振り向きざまに至近距離から実弾1発を発砲した。男子高校生はそのまま後ろ向きに倒れ、「胸が痛い。病院に送ってください」と叫んだ。助けようと駆け寄ったデモ参加者も警察官に取り押さえられた。

   現場を目撃したデモ参加者は「警察官からの警告はありませんでした。高校生は自分を守っていただけ。警察官はちゃんとした理由もなしに撃った」と話していた。

   民主化運動のリーダーの周庭さんは「あの警官は足を狙うのではなく、心臓を標的にしました。殺人行為と同然です。心が痛いです」とSNSに投稿した。

当局は「仲間守るための正当防衛」と説明

tv_20191002120337.jpg

   香港の警察当局はきょう2日未明に会見し、「仲間を守るために発砲を決めました。発砲は合理的・合法的だと思っています」との見解を示した。

   司会の小倉智昭「あってはならないことが、ついに起こってしまいましたね」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「距離が近かったので、警察官もパニックになったのではないでしょうか」

   若狭勝弁護士「日本なら、これが殺人未遂にならない方がおかしい。正当防衛ではありませんね」

   深澤真紀(コラムニスト)「日本でも、学生運動の時に女子学生が亡くなって、そこから激化しました。香港のデモは自殺者も出ており、なかなか引き下がれなくなっている面があります」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中