2020年 11月 25日 (水)

<竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~完全版>(NHK総合)
竹内まりや40年の音楽と人生・・・活動の幅広さ、上手な年の取り方に感服

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   今年3月(2019年)に11年ぶりのテレビ出演で話題になった特番の完全版。デビュー40年を迎える竹内まりやは、ライブドキュメンタリー映画で芸術選奨受賞、ディズニーの実写映画「ダンボ」の日本語版エンドソングを担当、そして5年ぶり18作となるアルバム「Turntable」を発表した。そんな彼女の40年のキャリアを、代表作40曲と本人のコメントで紹介した、まさに永久保存版、充実の内容だった。

   竹内まりやと山下達郎のレコーディングスタジオや伝説のライブツアーの様子、レコーディングで訪れたスウェーデンのロケ、初期のライブ映像(坂本九とのデュエットなど)と盛りだくさんに、お宝映像を交えてデビューからの活動を紹介した。

あの岡田有希子のデビュー曲も書いていたとは

   歌手としての活動休止中、ソングライターとして提供した河合奈保子の「けんかをやめて」、薬師丸ひろ子の「元気を出して」、牧瀬里穂の「Miracle Love」、広末涼子の「MajiでKoiする5秒前」などを本人が歌う映像もよかった。

   年を重ね、それが素直に反映される楽曲、日常の幸せ、感謝などを歌ういまの竹内まりやに心を動かされた。33回忌を迎える岡田有希子のデビューからの3作を竹内まりやが提供していたことを明かし、ようやくセルフカバーする気になれたとレコーディングした。間口の広さに圧倒された。( 9月30日深夜1時50分)

                              

かたくりこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中