2019年 10月 19日 (土)

TBS系朝ワイド「グッとラック!」ついに視聴率1%台!立川志らくの起用が裏目に

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   TBS系の朝のワイドショー「グッとラック!」の低視聴率は、テレビ業界ではもはや話題にもならなかったが、1%台まで落ちたとなれば、「あの時間帯でそこまで落とすのは、かえって難しいという意味でスゴイ」と変な感心のされ方をしている。

   ビデオリサーチ調べで、きのう9日(2019年10月)放送の第1部(あさ8~9時55分)の平均視聴率が2%を割って1・9%だったという。9月30日にスタートし、初回から2・9%と低かったが、その後も2%台が続いていたが、ついにそれも維持できなくなったというわけだ。

早々に司会交代か

   低迷の原因は、たいして辛口でもないのに、辛口コメンテーターなどとはやされていた立川志らくを司会に起用したことだろう。もともと視聴者の好感度は低く、気の利いたことをしゃべるわけでもない。

   局内でも「なんであんな人物をMCにしたのか」と疑問視する声は強かった。来年春の番組改編まで持つかどうか。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中