2020年 11月 29日 (日)

まな板にのったと言わて20年・・・ずっと待ってたノーベル賞!吉野彰さん「今年はひょっとしたらと思ってました」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェローの吉野彰さんは、いつごろからノーベル賞を意識していたのか。「グッとラック!」の取材に、「最初にそれらしき動きを感じたのは、およそ20年ぐらい前ですか。ある先生から『まな板の上にのったみたいだよ』と言われまして、そういうこともあるんだなと」と語った。

   そして、今年は「でんわで、いきなり『コングラチュレーション』ときたので、あっ、きたかなと思いましたね。ひよっとしたら今年はという気持ちが、ちょっとだけありましたから」

妻の久美子さん「オーラのない人で受賞聞いても半信半疑」

   すぐに妻の久美子さんに連絡すると、「腰を抜かしたような反応をしていましたね」という。その久美子さんは「普段の生活を見ていると、お父さんが本当にとれるのという感じ。オーラがないんですよね。(受賞と聞いても)疑心暗鬼な気持ちがありました。(家では)ゴロゴロしているか、お酒を飲んでいるから」

   ノーベル化学賞の授与式は12月10日(2019年)にストックホルムで行われる。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中