2019年 12月 13日 (金)

相葉雅紀がオンボロのカブでベトナムツーリング ひと昔前のアイドルは4輪の運転さえスタントマンが務めたものだが...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」(2019年10月11日深夜12時~・文化放送) 嵐の相葉雅紀がパーソナリティーを務める長寿ラジオ番組。9月28日放送の嵐のレギュラー番組「嵐にしやがれ3時間SP」(日本テレビ系)での裏話が明かされた。バイク大国ベトナムで、「相葉雅紀のツーリング企画スペシャル」を撮影した際のエピソードだ。

   「生まれて初めてのベトナム」は「大変というか、楽しかったけど疲れた」そう。というのも、ツーリングに使ったのが、「壊れかけのカブよ。ノークラッチの変速3段ギア」という代物で、「50㏄で80キロ走破した」ため。道路には「原付で走ってる人の数が半端じゃない」ため、右にも左にも「曲がれない」。「どうやって曲がるんだよ?」と聞いたら「勇気をもって行ってください」とぶっつけ本番の出たとこ勝負だった様子。

   「怖いよ」と思ったが、「1日走ったら慣れて。もう大丈夫かなって思った」と言うから、意外に図太い面もあるようだ。ゴールにたどり着いた後、「カブいいかも、欲しいかも」に変わったというから、順応性抜群なのだろう。「嵐にしやがれ」の番組中は、スコールに見舞われてずぶ濡れで走り続けたり、まぶしさに耐えかねサングラスを購入するなどハプニングもエンジョイした。

「ベトナムは飯がめちゃくちゃうまかった」

   なかでも一番気に入ったのは、「飯がめちゃくちゃうまかった」こと。「(ベトナム麺の)フォーとかチャーハンみたいなやつとかすべてうまかった」そうだ。中華料理店の息子で「相葉マナブ」(テレビ朝日系)で、お手製炒飯をふるまっている相葉。新メニュー誕生のきっかけになったかもしれない。

   10月19日放送の「嵐にしやがれ」の長野ツーリング企画も併せて紹介した。白馬から安曇野まで、ゴールで信州そばを食べる企画で、「道中、信州名物食べたり」してリラックスした。「町の人がとにかくあったかい。長野あったけえな。引っ越したら楽しいだろうな」と感じさせるほどの歓待を受けたという。

   一昔前のジャニーズアイドルは運転免許を取得しても、映画やドラマでは自分で運転しなかった。安全第一主義の事務所が許可を出さず、企画がつぶれたことも。スタントマンが吹き替えるか、台車に載せた車で運転する真似をした。それが今や自分で運転するのが当たり前。国内はおろか海外にまで出るように。とはいえ、どんなに安全運転していても、不測の事態は起きる。2輪は特に無防備で、自己責任の一言で片付けるのは酷だ。ロケ大好きで2輪に乗るのが楽しくて仕方のない相葉。これ以上エスカレートしないよう、万全の態勢で取り組んでほしい。

知央

   

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中