2019年 12月 13日 (金)

今度は消防署で若手いじめ・暴行!血圧計を首に巻き作動―窒息死寸前になっても止めず

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大阪府の茨木消防署白河分署の消防士3人が、救急車の中で血圧計を使って首を絞めるなど、後輩への「いじめ」でクビになった。懲戒免職処分になったのは、消防士長(34)、消防副士長(33)、消防司令補(47)だ。消防士長と副士長は今年5月(2019年)、待機中の救急車内で20代の消防士Aさんの首に自動血圧計を巻き付け、Aさんが「怖いです。やめてください」と訴えたにもかかわらず、血圧計を作動させた。首が絞めつけられたAさんは気分が悪くなり、顔や目に「点状出血」と呼ばれる内出血が生じた。

   池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「点状出血が起こるということは、一歩間違えれば命に関わることだったということ。命を守る救急救命士がおふざけでもやってはいけない行為です」と話す。

報告受けた上司も部下を殴る蹴るや逆さづりの常習

tv_20191114115610.jpg

   報告を受けていじめを知った消防司令補は、これを口外しないよう言い含め、事件を隠ぺいしようとした。実は、司令補も鍛錬中にAさんの胸を拳で突いたり、30回以上蹴ったりしていた。

   また、司令補は別の20代の消防士の全身をロープで縛り、消防車の手すり部分に逆さづりにして放置したり、殺虫スプレーに火をつけ、炎の前を裸で通るよう強要したこともあったという。

   聞き取り調査に対し、司令補は「コミュニケーションの一環として若い職員とじゃれ合いたかった」などと話しているという。

上司には逆らえない消防士の世界

   市民防災研究所の坂口隆夫理事・事務局長は「消防士は災害現場に出動するため、上下の指揮系統が崩れないよう、上司の指示に従う意識は一般的な会社より強い」と指摘する。

   古市憲寿キャスター「いじめというより、刑事事件になり得るレベルです」

   三浦瑠麗(国際政治学者)「こういう人間が上に立った時に、どうやってそれが広がらないようにするかは、風通しの問題です。改めて訓練のマニュアルや研修をやるべきです」

   司会の小倉智昭「懲戒免職は当然ですね」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中