2020年 11月 25日 (水)

<スカーレット>(第48話・11月23日土曜放送)
新入社員の十代田八郎が絵付け作業場にやってきて涙ながらに話しはじめた「深山先生に申し訳ないことを・・・」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   喜美子(戸田恵梨香)が紹介されている新聞記事には、「信楽初の女絵付師」「丸熊陶業のマスコットガール」「ホットケーキが大好き」などという文字が躍っていた。絵付けの話も、恩師である深野心仙(イッセー尾形)の話もなかった。喜美子は不本意な内容に悲しくなったが、皮肉なことに、会社には「ミッコーの火鉢」の注文が次から次へと入ってきた。

   「先生、すみません。私、先生のこともぎょうさん話しました。でも載ってないです」と深野に謝るが、まったく気にしていないどころか、「(喜美子が)きれいによう撮れてる。タヌキが化けてるんちゃうかと思うたで」などと茶化す。

先生の絵を白いご飯と卵に替えてしまいました

tv_20191120154614.jpg

   しかし、新入社員の十代田八郎(松下洸平)は記事にいら立っているようだった。「深野先生のことを一言も触れていないなんて、失礼じゃないですか」と腹を立てている。突然、絵付け作業場にやってきて、深野に話しかけた。「実は、深野先生の絵が、僕の実家の床の間に飾ってありました」

   深野「ほう、そりゃ、ありがたいなあ」

   十代田「白いごはんに替えました。僕が11の時です。闇市に行って売りました」。祖父の形見で大事にしていた深野の日本画を売り、白い米と卵3個に替えたことを涙ながらに話した。深野と喜美子はじっと聞き入った。

   「今回、こちらに来ることになって、絵付けをしているのが深野先生だと分かって・・・、お会いしたらすぐ頭下げようと思いました。すんませんでした」と言う十代田に、深野は「ええよお~、若いころに描いた名もない絵や。忘れんとってくれてありがとうなあ」と笑顔で返した。

   「鳥が2羽水辺を飛んでいて」。その夜、喜美子は手放してしまった画を説明した十代田の言葉を思い出しながら、鉛筆を動かしていた。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中