2019年 12月 14日 (土)

<グランメゾン東京/第7話>(TBS系12月1日日曜放送)
美貌の新顔ホールスタッフは何者なのか?父親はただものではないらしい

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ミシュランの前哨戦とも言われるフランスの有名グルメ雑誌「マリ・クレール・ダイニング」主催の国際コンクール「トップレストラン50」の発表まであと1週間となり、「グランメゾン東京」のオーナー早見倫子(鈴木京香)とシェフ尾花夏樹(木村拓哉)は最後の仕上げに忙しい。

   そんなとき、コックの相沢瓶人の失踪していた妻・エリーゼが店を訪れ、娘を引き取ると言い出した。「三ツ星を狙うレストランの料理人が子育てと両立できるわけがない」というのが、彼女の言い分だ。尾花に対しても「グランメゾン東京が『トップレストラン50』で10位以内に入らなければ、娘をパリに連れて帰る」と勝手なことを言う。

   「トップレストラン50」コンテストで、尾花がかつてパリで経営していた二ツ星レストラン「エスコフィユ」が獲得した最高ランクは10位だった。しかし、「エスコフィユ」は食物アレルギー事件を起こして閉鎖されてしまう。「グランメゾン東京」で再起をかける尾花にとって、それを10位を超えることには重要な意味があった。絶対に負けるわけにはいかない。

明らかになっていく尾花の「食物アレルギー事件」の真相

   そこに新たな面倒が持ち込まれた。ホールスタッフとして採用した久住栞奈(中村アン)だ。英語やフランス語に堪能で、ソムリエの資格を持つ申し分のない経歴だが、ギャルソン・京野陸太郎(沢村一樹)は久住の履歴書にあった「久住壮次郎」という父親の名前に引っかかった。

   久住は「マリ・クレール・ダイニング」編集長のリンダ・真知子・リシャールとも親交がある。リンダから「グランメゾン東京で何をするつもりなの」と聞かれ、久住は「尾花さんやエスコフィユのメンバーが『グランメゾン東京』で復活するなんて、絶対に許せません」と怒りを露わにした。久住壮次郎・栞奈親子は何者なのか。

   「グランメゾン東京」は三つ星獲得へと着実に実績を積み、食物アレルギー事件の真相も明らかになっていく。(よる9時放送)                                  寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中