2020年 11月 29日 (日)

いっこうになくならない「あおり運転」に小倉智昭が激怒「永久免停にしたらいい」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   あおり運転がまだなくならない。5日(2019年12月)午後8時ごろ、広島市の住宅街にある狭い道路で、女性の車が白い軽乗用車から強引な追い抜きをかけられ、急ブレーキを踏まれた。

   走り出して方向を変えても、白い軽はぐるりと回って再びあおり、信号で2台ともとまると、「おじさんが降りてきて窓をどんどん叩き、ドアを開けると、『降りろや』『免許何年や』と怒鳴られた。怖かった」という。

   去年(2018年)のあおり運転はわかったものだけで1万3025件と、前年の2倍(警察庁調べ)。対策を街で聞くと、「免許停止が当たり前にしないと」「2、3年は免許停止にしていい」「危険運転致死罪と同じ扱いにして」といった声が出ていた。

「罰としてボランティアをさせてはどうか」

tv_20191209113527.jpg

   司会の小倉智昭「ずっと免停にするのが一番効果ある」

   山崎夕貴キャスター「現状ではあおり運転そのものに対する罰則はありません」

   警察庁は、即免許取り消しにあたる15点減点や1年以上の再取得禁止、1年以下の懲役などの厳罰化を検討している。

   深澤真紀(コラムニスト)「厳罰化も大事だが、(怒りをコントロールする)アンガーマネジメントが必要です」

   一木広治(実業家)「ボランティアをさせてはどうか」

   石黒賢(俳優)「街の運転マナーは少しずつよくなった気もしますが、こう見るとまだ全然なのですね」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中