2020年 11月 28日 (土)

「渡辺美里が1億円やるから結婚してと・・・」茨城県も騙してたTVでおなじみフードコーディネーターの虚言癖

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   茨城県の食の魅力を伝える「いばらき大使」だったフードアナリストの藤原浩氏(55)が、地元の店との金銭トラブルを理由に3日(2019年12月)に解任された。4つの会社がきのう10日(2019年12月)、記者会見して被害を明らかにした。

   肉店はロゴマークのデザインを藤原氏に委託したところ、「1デザインで300万円という一流クリエーターに頼んだ」といい、店側は100万円近いカネを支払った。その後、ネット上のフリー素材とほぼ同じデザインであることがわかったという。

   洋菓子店を営む水越建一さんは、大手広告代理店と共同出資して新会社を作るという提案を受けたが、代理店に確認したところ、まったくの作り話だったという。この間、藤原氏は「自分の会社がつぶれそうだ」と泣きつき、水越氏から120万円を借りたが返金せず、裁判で返金を命じる判決が出ている。

   水産会社は新製品のパッケージデザインを委託したが、作業がなかなか進まなかったため催促すると、TBSの番組「情報大陸」を引き合いに出し、「密着取材中だから待ってほしい」とのらりくらりと逃げ逃げ回られた。

「昔、小室哲哉のマネジャーもやってた」

tv_20191211120146.jpg

   相手を信用させるためか、見栄を張るような発言も多く、「昔、小室哲哉のマネージャーもやっていた」「(歌手の渡辺美里と)1億円やるから結婚してくれと昔頼まれたことがある」などと語っていたという。

   阿部祐二リポーターはきのう10日夜、藤原氏の自宅を訪ねたが、呼び鈴に応答はなかった。「肩書きで信用させられ、かさにかかっていろいろ言われると、ウソだと気づくポイントを失ってしまうということがあるようです」

   司会の加藤浩次「県が軽い気持ちで『大使』をお願いしている面もありますよね。身体検査はなかなか難しいのでしょうか」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中