2020年 11月 28日 (土)

梅宮辰夫さん体調急変してけさ死去!妻クラウディアさんもアンナも間に合わず

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   「仁義なき戦い」「スクール☆ウォーズ」などで知られる俳優の梅宮辰夫さんが、きょう12日(2019年12月)に亡くなった。81歳だった。十二指腸がんや前立腺がんなど6度のがんに見舞われ、療養生活を送っていた。昨年(2018年)には生誕80年と芸能生活60年を記念するパーティを開催し、元気な姿を見せた。

   けさ6時40分すぎに関係者から連絡を受けたという芸能リポーターの井上公造氏によると、梅宮さんは神奈川県真鶴市の別荘で過ごしていたが、容体が急変し、東京から妻のクラウディアさんが駆け付けた時には息がなかったという。

   梅宮さんは今年1月に腎臓を摘出し、最近は人工透析を週3回受けていた。「何度か(人工透析を)やめようと思ったけど、仕事のオファーがあるうちは仕事がしたいので」と話していたという。

芸能リポーター井上公造「ケータイの番号交換しようと・・・」

tv_20191212114702.jpg

   一人娘でタレントのアンナさんが、交際相手の男性をめぐる話題で芸能ニュースを騒がせたときには、連日のようにワイドショーに登場した。井上氏は「芸能界の中で、自分から『携帯電話の番号を交換しよう』と言ってきたのは梅宮さんぐらいです。『娘のことで何かあったら電話してきてくれ』と言われました。忘れられないですね」と振り返った。

   近藤春菜キャスター「私も何度かバラエティ番組でご一緒しましたが、何を言っても許していただいた。懐の大きい方でした」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「まさに昭和の大スター。こんなに長い間がんとつきあい、その間、周囲に苦しみをもらすこともなく、最後まで頑張っていたんですね」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中