2020年 11月 28日 (土)

ジャパネット高田明が伝授する超プレゼン術!「伝えたい」と「伝わる」はここがうんです

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   「きょうのクロ現は必見です」と登場したのは、通販会社「ジャパネットタカタ」の創業者の高田明・前社長だ。「超プレゼン術」の極意を披露するという。「『伝えた』と『伝わった』は違う」と書かれたボードを見せて、「伝えたつもりは伝わっていません。コミュニケーションで大事な『伝える力』を語ってみたい」と話す。武田真一キャスターは「心の底から思ってることだけを口にします。でないと、心の底まで届かないんですよね」

   高田は家業の小さな写真店を年商200億円企業に育て上げた。決め手は特異なプレゼンにあった。社長を退いた後も、毎年200件以上の講演依頼がある。NHKの片岡利文ディレクターが密着した。「今を生きる。これがいちばん」と熱弁を振るう高田を見ていて気づいたこと。まず、(1)原稿がない。映像、画像もない。自分の言葉を伝えている。(2)手のジェスチャーは顔の周りだけで、注意を顔に集中させている。(3)キーワードを繰り返す。この日は「今を生きる」を90分間に20回使った。(4)「みなさん、そう思いませんか?」「女性のみなさん、どう思いますか」と問いかける。コミュニケーションができると、観衆は拍手で答えていた。

   片岡「伝わったことが拍手で返ってくる。それを確かめながら話していました」

   高田「人を感じる心ですねえ。テレビでは相手が見えないでしょう。その点、武田さんは目がしゃべってます」

   武田「堅牢な水道管みたいに、情報を真水の状態で届けたいんです。高田さんは身振りですが、私は『太字のゴシック』のように、声に強弱をつけます」

   高田「声を張り上げて、1万9800円!の後、間を置いて、低く『安いでしょう』という。間が大事。コンマ1秒、考える時間を与えるんです」

コミュニケーションが苦手な新卒学生にアドバイ――自分をどうやって出せばいいのか

   片岡が数字を出した。新卒採用で、企業が最も重視するのが「コミュニケーション能力」で、16年間変わらず。にもかかわらず、学生の半数以上が「苦手だ」と答えている。高田はそんな学生にプレゼンの指導もしていた。大手IT企業の杉井雄汰さんも指導を受けた。「自分をどう出すか」の実践でうまくいかず、涙ぐんでるのを慰めている高田の映像があった。4年前だ。

   その杉井さんが先頃、合同企業説明会で学生に「就職先をどう選ぶか」のプレゼンをしていた。5分の語りは上々。学生の志望興味度で26社中1位だった。

   杉井さんは「あの時、30歳になった頃に会いたいなあと耳元で言ってくれました。失敗は新たなチャレンジの始まる日だと。あの一言を信じて、前に進んでいます」と話した。

   高田はジャパネットたかたの社長を辞めた3年前、サッカーJリーグの「Vファーレン長崎」の社長に就任した。累積3億円の赤字で倒産寸前。士気も上がらず、スタンドは閑古鳥が鳴いていた。選手には「経営には責任を持つ。練習と試合に集中して」と伝え、ジャパネットのユニフォームで選手を連れて街へ出て、「長崎の県民クラブにご協力を」と募金活動もした。プレゼン力だ。

   半年後、スタンドには子供からお年寄りまでがいた。選手も変わった。経営も安定して、夏以降13戦負けなしでJ1昇格を果たした。今年も先の天皇杯で準決勝まで進んだ。惜しくも敗れたものの、「来期につながりますから」とグラウンドからサポーターに呼び掛けた。自らはこの日、社長を退いた。

   武田「クロ現も、いろいろ知ってほしい事柄をお伝えしていますが、大きなことを考えながら、1つ1つ言葉にしていくことは大事ですね」

   高田「大きな問題で、これでいいんだろうかと思うことが多いのは、伝えたつもりで伝わってないんじゃないかと思います。きょうのテーマ『伝える力』がものすごく大事ですね」

   まあ、言うは易いが簡単ではない。相手の見えないテレビで、どうやってそれを掴んだのか、もうちょっと聞いてみたかった。

NHKクローズアップ現代+(2020年1月22日放送「あなたの仕事が変わる!"超プレゼン術"の極意」)

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中