2020年 11月 28日 (土)

男性の「とるだけ育休」3割!休日気分でゲームやったり家でダラダラ・・・子育ては1日2時間以下

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   小泉進次郎環境相が「とる」と宣言した男性の育休だが、実際には、休んだだけでほとんど手伝わない「とるだけ育休」の夫、積極的に家事や育児を行う夫の二極化が進んでいるようだ。

   おととい22日(2020年1月)、育児支援のアプリを運営する企業がこんなアンケート結果を発表した。約500人の女性に「育休中の夫が家事・育児に費やす1日当たりの時間」を尋ねたところ、1時間以下が17.7%、1~2時間が14.6%だった。3割以上が「育休をとっても家でダラダラ。結局、家のことは私がやっていた」「協力ではなく、父親として自分事ととらえて動いてほしかった」という有様だったのだ。

   「スッキリ」が取材した母親たちも、「1回座っちゃうと、スマホでゲームしたり、動画を見たり。自分の時間が欲しいのもわかるけど、子どもともうちょっと向き合ってほしかった」「育休とるなら、育児にあてて。遊ぶ時間ではない」と厳しい声が多かった。

長期有給休暇と勘違い知ってるんじゃないか

tv_20200124124010.jpg

   フルタイムで働く妻の代わりに、1年間の育休取得中という会社員の中西信介さん(32)は、「子どもが起きてから寝るまで12~13時間、育児や家事はほぼすべてやっています」と話す。「(とるだけ育休にならないよう)家事や育児への向き合い方を夫婦で事前に話し合うことが大切ですね。育休をとること自体ではなく、家事や育児、お互いの仕事をどう理解しあえるかが大事だと思います」

   犬山紙子(イラストエッセイエスト)「(育児や家事に費やす時間が)1日3時間以下の男性は、私から言わせれば人でなし。子どもを産んだ後の女性の体はボロボロ。目の前に本当に大変な人がいるのに、放っておけるというのは、人でなしです」

   司会の加藤浩次「奥さんが『これやって』と指示してくれたら、男もやりやすいのでは。コミュニケーションが大事です」

   だからあ、妻のお手伝いではないと言われているのだよ。加藤はこの問題をまったくわかっていなかった。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中